トイレリフォーム 住宅内装

トイレットペーパーのホルダーを2連の棚付きに交換する!の巻

調子に乗って連続投稿中のまいたけです。

今回からはトイレ関係の記事が続きますよ!

紙巻器って交換できる?

と親から相談を受けました。
話を聞くと、現状は普通のトイレットペーパーが1つ取り付けれるタイプです。
でもまだ10年程度で、交換もワンタッチ式の便利なモノです。

まだまだキレイですが、よく店にあるような2連のタイプに交換したいとの事です。

無くなりそうな状態でも、まだあるから交換するわけにもいかない。
でも次の人は足りないので、座ったまま新しいペーパーを取り出して交換。

2連あれば、そんな煩わしさからも解放されますね!

安心のTOTO製で検討!

現状もTOTO製なので、同じTOTOで調べました。

TOTO 二連紙巻器YH650

安っ!想像以上に安かった・・・。
でもいろいろ調べていくと、耐荷重600Nの手をついて立ち上がっても大丈夫なタイプもありました。
棚の部分が↑のYH650は樹脂製で、モノを置ける程度の棚ですが、

TOTO 二連紙巻器 YH600FMR

これは、立座ラク棚付となっており、立ち上がる時に手をついて立ち上がれる強度があります。
もし今後足腰が弱ってくると必要になるかもしれない?
まぁ、金額的にも問題ないので、こちらのYH600FMRのホワイトで設置する事になりました!

早速交換していこう!

現状の紙巻器は、TOTO 紙巻器 YH51Rまだ現行の製品ですね。

これはこれでまだまだ使えるので、嫁さんの実家の紙巻器と交換します。
トイレットペーパーを外すと、ネジ3本で固定されています。

大体の紙巻器(1つタイプ)はこのような逆三角の3つのネジで固定されている事が多いです。
このネジを外せば紙巻器は簡単に外れますが、その前に現状の床からの高さを測定。

ホルダー上部まで床から70cmですね。新しいのもこの高さで取り付けていきます。

今回使用する工具は、高儀 充電式 ミニドリル&ドライバー
これ一台あればカラーボックスの組立とか、簡単なDIYならこなせるので1台あると便利便利♪

あとは、ガッチリ固定するための下地があるか確認できる、シンワ測定 下地探し どこ太
石膏ボードの壁なら、ぶっ刺すだけで簡単に下地があるか確認出来ちゃいます。

準備も整ったので、古い紙巻器を外していきます。

外すのは手回しのドライバーでも余裕ですよ。
はい。外れました。当然穴が3つ残りますが、新しいので隠れてしまうので気にする必要はナシ!
問題はナシッ♪

新しい紙巻器、TOTO 二連紙巻器 YH600FMR

ん-。高級感がある!!やっぱ値段の違いはあるね♪
これを取り付けていきますが、場所は今まで付いていた場所に不満が無ければ、同じ高さ・横幅のセンターで取り付ければ問題ないと思います。

ここで問題ないですね♪高さも、棚の部分ではなく蓋の部分の上部で床から70cmの位置で。

これなら使用感もほぼ違和感ないと思います。でもずらしてもすぐに慣れるので問題ないですけどね。
この紙巻器は2連なので、前の穴位置とは全く違います。
取付穴は4か所、

この4か所ですね。問題は下地があるかどうか。
体重を支えれるタイプなのでしっかりガッチリ固定する事が重要です。
穴位置を鉛筆でマーキングして、どこ太でぶっ刺します。

12の目盛りで止まりました。針が12mm入って下地に当たって止まった。という事です。
石膏ボードの厚みが12mmなので下地があるという事です。
もともと紙巻器を付ける場所という事で、この周囲一帯は下地のボードが貼り付けてあるみたいです。

ウォシュレットのリモコンとセンター位置を合わせたいので、マスキングテープを貼って寸法が測れるようにしてみました。

このように配置して、マスキングテープからはみ出す寸法を同じに調整。

傾いて付いてしまうと残念な見た目になってしまうので、水平確認も怠らずに👍
スマートフォンのアプリでも水平器はあるので、それで十分です♪

位置が確定したら、再度穴位置をマーキングします。水平までしっかり合わせると、先ほどマーキングした位置とズレると思います。間違えないように区別できるようにマーキング👍

最終確認として、どこ太で間違いなく下地があるか確認。

問題なければ下穴を空けていきますが、

下穴はビスの長さと同じくらいでいきます。なのでドリルが全部壁に入るくらいで丁度いいですね。
太さはビスが4mmなので3mmで良いと思います。

躊躇なく奥まで、下穴開け完了♪

ビスにワッシャーを入れるのを忘れずに!

あとは、紙巻器をセットし、下穴にビスを入れていくだけ♪

下の2か所はドリル付属のビットで問題なけど、上の2か所は、紙巻器の蓋と棚があって狭いので付属のビットだとちょっとキツイ。

ロングドライバービット +2×200mmを使用すれば問題なく固定出来ますよ♪

はいこれでガッチリ固定完了♪体重かけてもビクともしません。
手をついて立ち上がるのに安心感ありますね。

ペーパーの取り付けもワンタッチです。YH51Rは下からだったけど、YH600FMRは手前から奥に差し込むだけで固定完了です。

やはり交換が簡単なのは便利ですね!

トイレットペーパーを2つセットして交換完了♪

いやぁ、価格もそこまで高くもなく、交換も簡単なのでこれはおすすめですね!
どうせ交換するならこの木質系の棚付きのTOTO 二連紙巻器 YH600FMRが良いと思います。
まいたけのトイレもこれに変えますよ♪

外したYH51Rは、嫁さんの実家の朽ち果てた紙巻器と交換しました♪記事はこちら↓

-トイレリフォーム, 住宅内装